sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom

毛ガニにフグを食べて7800円?!驚異的なCPで豪華料理が食べられる「三代目 魚熊」に潜入してきた

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。 先日、三代目 魚熊さんに毛ガニの剥き方を教わったのですが、その際にいただいた毛ガニがわたしのカニに対する概念を超えるほど美味しかったのです。毛ガニだけでもこんなに美味しいのであれば、普通に他のお料理も楽しみたい!!!という個人的な強い想いから早速潜入してまいりました!

■毛ガニ、フグを食べて7800円だと・・?!CP良すぎるコースに舌鼓をしてみた

先付で出てきたのが、「ふぐ皮の煮こごり」。とらふぐの皮がふんだんに使われているという贅沢な先付です。
序盤からお料理に期待が高まりますね・・・

そしてお次にドーン!と出てきたのが「ふぐの薄造り!」見てください。この美しさ・・・

ふぐの薄造りって、こんなに分厚く引かれていたっけ?と思うほど身が厚いのが同店の特徴でもあります。

贅沢にも3~4枚たっぷりと取って、薬味とふぐ皮をのせたらくるっと包んで召し上がれ。

くぅ〜〜!!!!!贅沢!コリッコリのふぐ独特の歯ごたえと上品な旨味が口の中に広がります。とらふぐの刺身って普通に食べると、これだけでもかなりのお値段がしますよね・・それが7800円のコースの中で食べられるなんて・・。

お次は、ふぐの薄造りが出てきた後とは思えないほど、どっさりと贅沢に盛られた「魚熊特選刺身の盛り合わせ」。

毎日築地に足を運び、熟練の目で見極めた季節の美味しいお魚のみを仕入れているというこだわりっぷり。どれもこれも新鮮でこれだけでも食べにきたいレベルです。

そして・・・出ました〜〜!こちらが「特上大毛ガニ」。で、でかい。こんなにたくさんの毛ガニを食べられる機会もなかなかありません。

味噌もたっぷりと詰まっています。

カニって、剥くのが面倒そうというイメージが強くあった筆者ですが、綺麗に食べやすい様、剥いてありますのでご安心を。

オススメの食べ方とのことで、毛ガニの身をたっぷりと甲羅の中に入れ、カニ味噌とよーく混ぜて・・

パクリ。

なんという天国・・。カニ味噌の濃厚な味わいと毛ガニの身の旨味、塩味が混ざり合い最高のマリアージュを醸し出しています。
身をほぐしては入れて混ぜ、のエンドレスリピート間違いない食べ方です。ぜひお試しください。

■毛ガニが出てきて終わり?と思いきやまだまだ続くぞ!豪華なコース!

お次は「旬の日替わり魚料理」。本日は鯛のかぶと煮。ちなみに、こちらめちゃくちゃデカイです。

デカイからと大味かと思いきや、ふっくらとした身は絶妙な甘辛さで味付けがしてあり、ついついご飯が欲しくなります。

さすがに、これで終わりだろうと思っていたら、香ばしい匂いとともに登場しました!

「ふぐアラの唐揚げ」。アラとは言っても身はたっぷりと付いていて、ついつい骨までしゃぶってしまう勢い。

ああ・・こんなに贅沢してバチが当たったりしないだろうかとすら思えてきます。

毎朝、これが食べたい・・・。

最後に大きなイチゴが出てきて(食べるのに必死になりすぎて写真を撮ってない・・)コースはこちらで終了!

いかがでしょうか・・まさか7800円で食べられる内容とは思えないですね。港区や銀座あたりのお店で食べると倍の値段はするに違いありません。

こちらのコース以外にも極みコース(15000円)などもあり、極みなんて一体どんな豪華なお料理が出てくるのだろう。と想像するだけでよだれが出ますね笑

■三代目魚熊は大江戸線蔵前駅から徒歩1分

都営大江戸線蔵前駅から徒歩1分の場所にある「三代目魚熊」。

1938年創業の「ふぐ、カニ、魚介、海鮮料理」の老舗である同店。三代目である山田正幸氏が毎日欠かすことなく熟練の目で選ぶ魚たちはどれも間違いのない美味しさです。

一度行くとその美味しさ、心地よさから常連になること間違いなし!季節に合わせた美味しいふぐや毛ガニ、お魚を食べたい時にぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、食の企画や執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室、撮影など食に纏わるお仕事をしてます! ズボラ飯、ねとめしレシピが得意。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」など
Blog:http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508