sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10

バレンタインチョコ・ギフト通販

※この特集は終了しました。

バレンタインのチョコ(ショコラ)お探しの方必見!本命チョコ、義理チョコ(友チョコ)まで様々なシーンに利用できるチョコレートが盛りだくさん。チョコ以外の人気スイーツ等も取り揃えています!送料無料・ギフト対応など、お得にバレンタインプレゼントを探すなら、ぐるすぐりをご利用ください

「バレンタイン」の情報まとめ

毎年2月14日のバレンタインデー。この日は女性から男性にチョコレートやスイーツを贈る日として認知されていますが、実はこれ、日本独特のスタイルである事を知っていましたか?海外では信頼し合っている同士で、男性から女性に花束を渡すなど、日本とは少し違うスタイルが定番となっています。共通しているのは、渡す相手に対して信頼や愛情の意味が込められているという点で、この日を告白や婚約日などの特別な日として意識している男女も少なくありません。

そんなバレンタインデーが日本に伝わったのは昭和初期の頃と言われ、戦後に有名菓子メーカーが宣伝策の1つとして、「愛の贈り物=チョコレート」というスタイルを売り込んだのが始まりだとされています。そして今や恋人はもちろん、片思い中の男性にチョコレートを贈るだけでなく、大切な友達に贈る「友チョコ」や自分へのご褒美として購入する「自分チョコ」などのカルチャーも生まれ、チョコレートの楽しみ方も多様化する時代になってきています。

バレンタインデーのタイミングだからこそ、大事な人への感謝の気持ちをこめて、素敵なギフトを送りたい。そんなお客様へのために、ここでは、バレンタインのチョコ・スイーツをお選びいただくポイントから、バレンタインに関する様々な情報をご紹介しています。今年のバレンタイン・ギフト選びの参考になさってください。

バレンタインスイーツにはどんな種類があるの?

今やバレンタインのスイーツはチョコレートだけにあらず。売り場にはバレンタインシーズン向けに、様々な種類のスイーツが並ぶようになっています。そもそもバレンタインは好きな人への告白を後押しする日でもありますが、それ以外にも日頃お世話になっている人への挨拶も兼ねる事ができる格好の機会。そんな時にはチョコレートだけにこだわらず、もらう相手が喜びそうなスイーツを選びたいですよね。

もし本命の相手に告白するシーンならば、チョコレート菓子をチョイスするのが王道であり定番です。そしてチョコレート菓子は義理であっても喜ばれるため、オフィスで働く女性の間でも根強い人気となっています。近年は一口サイズで口どけ感が良い生チョコやトリュフも人気ですが、チョコレートを加えた焼き菓子なども多くなってきています。例えばガトーショコラやチョコレートケーキ、フォンダンショコラやマフィンなども注目のチョコレート菓子です。

そしてチョコレート菓子に囚われず、他の種類も柔軟に考えたいとなれば、マカロンやクッキーも人気です。他にもムースやプリン、カップケーキ、ドーナツやチーズケーキ、さらには大福やカステラ、どら焼きといった和菓子、そして甘いものが苦手な人にはお煎餅などなど、チョコレート以外にも幅広い種類の菓子が選ばれるようになっています。

バレンタイン・ギフトの相場はいくら?

2月14日のバレンタインデーになると、学校や職場でチョコレートが配られたり、お菓子コーナーに女子社員からのプレゼントがさりげなく置かれたりします。また、近年は女性同士でも「友チョコ」を贈り合い、バレンタインのイベントをみんなで楽しむといったスタイルも見られるようになってきました。そこで気になってくるのが、バレンタインデーのためにかける予算の問題。

例えば会社の同僚やクラスメートなどに配る「義理チョコ」であれば、数が多くなる分、なるべく低予算で済ませたいもの。そんな時は大入り袋で1個当たりの金額が安い商品を選んだり、手作りのチョコを大量に作ったりする女性も多いようです。その他にも職場で共同購入し、費用をみんなでシェアするというケースもよく見られます。そんな義理チョコの1人当たりの予算は概ね300円前後。そして友チョコを交換する場合は少しだけ上がって500円前後、さらに会社の上司やお世話になっている人になってくると、同程度から1,000円以内という人が多くなっているようです。

そして気になる「本命チョコ」の予算に関しては、3,000円前後かそれより上という人が多くなっているようです。例えば量り売りするような高級ブランドのチョコレートや、バレンタイン限定の品になってくると余裕で3,000円以上という事も。加えて本命の相手にはプラスアルファで、お財布やネクタイなどの小物を準備する女性も多くいるため、実際の相場としては3,000円〜20,000円前後と見ても良いかもしれません。

チョコの賞味期限・保存どれくらい?

バレンタインデーでせっかくもらうチョコレートは、風味を損なわないうちに美味しく食べてしまいたいもの。でも、大量にもらってしまったチョコレートや、製菓用のチョコが残ってしまった場合などは、何かしらの方法で保存しておくしかありません。そしてそんな時に気になってくるのが、そもそもの賞味期限や保存方法の問題です。

チョコレートの場合、板チョコや製菓用のチョコであれば不純物が少なくて傷みにくいため、賞味期限で表示されているものが多くあります。中には1ヶ月以上となっているものから、1年以上という場合もありますが、これは保存状態による部分も大きいため、あくまで目安の1つとして捉えておいた方が良いでしょう。

そしてチョコレートの適切な保存方法としては、未開封の状態で15℃〜20℃の冷暗所に置いておくのが理想的と言われます。一度開封したものはきちんとラップで包んでおく、もしくはタッパーに移してから、冷蔵庫で保存しておくといった対策が現実的になってくるでしょう。チョコレートは空気に触れたり、一定期間が過ぎてしまうと風味が変わってくるため、なるべく早めに食べるようにしましょう。また、チョコレートを急激に冷やすと、白い油分が浮いてくる場合があります。これはブルーム現象と呼ばれる現象ですが、品質としては問題ないので、過度に心配する必要はないでしょう。

バレンタイン・ギフトの相場は?

2月14日のバレンタインデーになると、学校や職場でチョコレートが配られたり、お菓子コーナーに女子社員からのプレゼントがさりげなく置かれたりします。また、近年は女性同士でも「友チョコ」を贈り合い、バレンタインのイベントをみんなで楽しむといったスタイルも見られるようになってきました。そこで気になってくるのが、バレンタインデーのためにかける予算の問題。

例えば会社の同僚やクラスメートなどに配る「義理チョコ」であれば、数が多くなる分、なるべく低予算で済ませたいもの。そんな時は大入り袋で1個当たりの金額が安い商品を選んだり、手作りのチョコを大量に作ったりする女性も多いようです。その他にも職場で共同購入し、費用をみんなでシェアするというケースもよく見られます。そんな義理チョコの1人当たりの予算は概ね300円前後。そして友チョコを交換する場合は少しだけ上がって500円前後、さらに会社の上司やお世話になっている人になってくると、同程度から1,000円以内という人が多くなっているようです。

そして気になる「本命チョコ」の予算に関しては、3,000円前後かそれより上という人が多くなっているようです。例えば量り売りするような高級ブランドのチョコレートや、バレンタイン限定の品になってくると余裕で3,000円以上という事も。加えて本命の相手にはプラスアルファで、お財布やネクタイなどの小物を準備する女性も多くいるため、実際の相場としては3,000円〜20,000円前後と見ても良いかもしれません。

手作りチョコのおすすめレシピ

市販されているチョコレートでも良いけれど、せっかくの機会だから手作りしてみたい!そんな時にお薦めのレシピを2つご紹介。どちらも比較的簡単で美味しく作れるので、初心者の方にもお薦めですよ。

レシピ①簡単なのに本格的なガトーショコラ

材料は板チョコ125gとバター90g、グラニュー糖90gに卵はMサイズが2個。小麦粉は60gで牛乳は小さじ1杯。まずはオーブンを180℃で余熱しておきます。そして板チョコは刻んでから湯煎で溶かしておきます。ボールに柔らかくしたバターとグラニュー糖を入れ、白くなるまでよくかき混ぜます。その後に溶き卵をボールの中に加え、振るった小麦粉も一緒に入れ、馴染むように混ぜていきます。続いて牛乳とチョコレートをボールに入れ、滑らかになるまで混ぜ続けます。そしてカップに混ざったチョコレートを流し込み、オーブンに入れてから20〜30分焼くようにしましょう。目安としては真ん中が硬くなればOK、あとは冷やして可愛くラッピングを施せば完成です。

レシピ②混ぜて焼くだけアメリカンチョコチップクッキー

材料はバターが100gとブラウンシュガー150g。そしてバニラエクストラクトが小さじ1杯で卵は1個。小麦粉150gにココアパウダーが40g、ベイキングパウダーは小さじ1/2杯程度でチョコチップは150g。まずはオーブンを180℃で余熱しておきます。続いて卵とブラウンシュガーをボールの中に入れ、クリーム状になるまでよくかき混ぜ、バニラエクストラクトを加えていきます。そして別のボールに振るった小麦粉とココアパウダー、ベイキングパウダーを混ぜ合わせておきます。その後は卵とブラウンシュガーが入ったボールに小麦粉を加えて混ぜ、チョコチップを入れた後にまた軽く混ぜ合わせます。そこからはベーキングシートにテーブルスプーンですくったタネを落として並べていきます。最後はオーブンで12分程度焼けばできあがり。焼きたて時は柔らかい状態なので、完全に冷えるまでしばらく待つようにしましょう。

どんな贈り物が人気があるの?

今やバレンタインデーのシーンでは、本命の相手に対し、チョコレートと一緒に別のプレゼントを贈る女性が多くなっています。例えば社会人の彼であれば、スーツに合わせる腕時計やネクタイ、財布なども人気です。そしてちょっぴりお疲れ気味の彼であれば、香りでリラックスできるアロマキャンドルやフレグランスなども挙げられます。その他に今の時代を反映するプレゼントとしては、スマホケースも人気のアイテムなのだとか。いずれにしてもバレンタインデーの前に、彼が欲しいアイテムをこっそりリサーチしておきたいところです。

しかし、彼にとって嬉しいのは、やはり一番気持ちがこもったバレンタインデーのチョコレートやスイーツ。いつもより少し奮発して、ブランド物のチョコレートやお取り寄せでしか買えない、オリジナルのスイーツを選んでみるのもお薦めかもしれません。ちなみにバレンタインデーというと、洋菓子のイメージが強いですが、近年は和菓子を贈る人もいるのだとか。そしてもし甘いものが苦手な彼であれば、お酒や料理を選ぶのもお薦めかもしれませんよ。ぐるなび食市場では多彩なスイーツや食材、お取り寄せならではの絶品料理も取り揃えています。二人だけのバレンタインデーに合わせて、素敵な贈り物をぜひ選んでみてください。

バレンタインデーの由来は?

そもそもバレンタインデーは英語で、「聖なるバレンタインの日(Saint Valentine's Day)」という意味。これは3世紀に殉職したローマ司祭者、バレンタイン(バレンティヌス)の名前が由来になっていると言われています。この当時の時代、ローマ皇帝は戦いに対する士気が下がるとして、兵士たちの結婚を禁じていました。そんな当時の状況の中で、ローマ司祭者のバレンタインはこっそりと、兵士たちに結婚を促していたと言います。これはまさに愛のキューピットのような行為ですが、そうした違反がローマ皇帝の耳に入ると、バレンタインは改宗を迫られてしまいました。そして改宗を否定したバレンタインは処刑となってしまうのですが、まさにバレンタインが処刑された日が2月14日だったのです。

さらに当時のローマでは、2月14日は家庭と結婚の女神、ユノの祝日でもありました。加えて2月14日の翌日は、豊穰祈願祭でもある「ルペルカリア」の開催日だったとも言います。これらの理由から2月14日はキリスト教にとって、男女の結びつきを深める大切な恋人の日であるとされました。

日本国内と海外のバレンタインデーの違いは?

日本国内でのバレンタインデーと言えば、女性から男性にチョコレートを贈るのが習慣であり定番です。しかし海外に目を向けてみると、日本と同じように女性から男性にチョコレートを贈る習慣があるのは、お隣の国、韓国くらいとなっています。その他の国では贈る相手や贈り物のバリエーションに大きな違いが見られます。

ちなみにアメリカでは、お世話になった人同士がカードや花などを贈り合います。そしてヨーロッパや中国では、男性から女性にカードや花を贈るそうです。そしてイタリアでは、バレンタインデーの日に婚約すると縁起が良いとも言われています。イタリアでは男性から女性に、そして女性から男性に、どちらからでもアクセサリーや花を贈る習慣になっているそうです。ちなみにドイツのバレンタインデーの場合は、夫婦や恋人同士でなければ、そもそものやり取りができないそうですよ。視点を変えて海外に目を向けてみると、同じバレンタインデーでも、渡す相手や品物に大きな違いがあるものなのです。