sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit カード決済可 tag_gift 対応可 tag_soryo 送料無料 tag_takeout テイクアウト専用 twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
バレンタインデーの意味・起源 │ バレンタインギフト

バレンタインデーの意味・起源 │ バレンタインギフト

バレンタインデーの意味・起源 │ バレンタインギフトなら【ぐるすぐり】全国各地から厳選された商品が安心・お手軽にお取り寄せできます。こだわりの食材や調味料などここでしか味わえないお取り寄せグルメを取り揃え、各種カテゴリ・特集からお目当ての商品をお選びいただけます。

バレンタインデーと言えばチョコレートの日。でもそもそも「バレンタイン」って何でしょう。その意味や起源を知っていれば、イベントの楽しみ方も違ってくるはず。ここでは、バレンタインデーについてわかりやすく説明していきます。

バレンタインデーの意味・起源

バレンタイン司祭の思いが今も続く、カップル誕生の日

バレンタインデーの由来は諸説ありますが、起源は古く3世紀ローマ時代までさかのぼります。当時のローマでは2月14日は家庭と結婚の神、そしてすべての神の女王とされるユノの祝日、翌15日は豊年を祈る祭りの日とされていました。

今も昔も祭りといえばカップルで参加したいもの。祭りを楽しみにするのはローマ皇帝に仕える兵士たちも例外ではありませんでした。しかし、皇帝は兵士の士気が下がることを憂慮し、婚姻を禁止したのです。

見かねたキリスト教司祭バレンタイン氏は内密に兵士を結婚させましたが皇帝はこれを許さず、祭日の前日である2月14日に司祭を処刑してしまったのです。以来、キリスト教徒の間では、司祭の死を悼み、この日を恋人たちの日として祝うことが習慣となったということです。

華やかなバレンタインの歴史はこんな悲しい事件から始りました。しかし、バレンタイン司祭の思いは1800年もの間受け継がれ、数え切れないほどのカップルを生み続けているのです。

プレゼントはチョコレート!ハート!そして告白!次第に商業的なイベントに

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、19世紀後半のイギリスから始まったと言われています。ヨーロッパでは、バレンタインデーに男女問わず親しい人に様々なプレゼントを贈る習慣がありますが、ある菓子メーカーがプレゼント用にチョコレートボックスとハート型のキャンディボックスを発売したところこれが流行、次第に世界へ広まったと言うことです。

日本では1936年、菓子メーカーのモロゾフが初めてバレンタインデーを告知しました。その後1960年代から百貨店や菓子メーカーが積極的に宣伝を始めています。チョコレートを贈ることが一般的になったのは1970年代です。女性から男性へ、チョコレートを添えて告白する日という日本独自の習慣が広まりました。

日本の定番「義理チョコ」 次のトレンドは「自分チョコ」?

80年代に入ると次第に恋人へという本来の意味合いは薄れ、友人、家族、職場での「義理チョコ」が定着していきます。男性からのお返しの日として「ホワイトデー」も始まりました。90年代以降、義務化されたチョコレート交換を否定する動きからバレンタイン商戦は一時衰退期に入りますが、2000年以降、女性同士でチョコレートを交換する「友チョコ」の出現によって、再び活気を帯びています。

現在では、「自分チョコ」「逆チョコ」なども登場し、バレンタインの楽しみ方は多様化しています。みなさんはどのようなバレンタインデーを過ごすのでしょうか。

あなたにおすすめの商品