sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • トロワアソートM01
  • トロワアソートM02
  • トロワアソートM03
  • トロワアソートM04

1/

トロワアソートM

4,104(税込) 41pt

  • ギフト対応可 ギフトとして送ることができます。

  • カード決済可 クレジットカードでの決済が可能です。

送料・お届け日を確認
ギフト内容を確認

数量を選択

シェア

商品説明

ここがオススメ

1968年に誕生したフランス菓子店「ルコント」。

創業者アンドレ・ルコント氏の信念「万事、フランス流に」を受け継ぎ、フランス菓子だけが持つ素晴らしさを追求し続けています。

「トロワアソートM」は、ルコントのスペシャリテ『フルーツケーキ』と、代表的な焼菓子『マドレーヌ』、『フリアン』の詰合せ。
懐かしくて新しい、世代を超えて楽しめるお菓子です。

フルーツケーキのドライフルーツは、ラム酒に漬け込み、代々受け継がれた蜜を使用した伝統の味。

マドレーヌは昔ながらの製法にこだわった素朴な焼菓子。
ほんのりレモン風味に仕上げています。

フリアンは、バターの香りとアーモンドの香ばしい風味が特徴の風味豊かな焼菓子です。

トロワアソートM

1968年に誕生したフランス菓子店「ルコント」。創業者アンドレ・ルコント氏の信念「万事、フランス流に」を受け継ぎ、フランス菓子だけが持つ素晴らしさを追求し続けています。

「トロワアソートM」は、ルコントのスペシャリテ『フルーツケーキ』と、代表的な焼菓子『マドレーヌ』、『フリアン』の詰合せ。
懐かしくて新しい、世代を超えて楽しめるお菓子です。

フルーツケーキのドライフルーツは、ラム酒に漬け込み、代々受け継がれた蜜を使用した伝統の味。
マドレーヌは昔ながらの製法にこだわった素朴な焼菓子。ほんのりレモン風味に仕上げています。
フリアンは、バターの香りとアーモンドの香ばしい風味が特徴の風味豊かな焼菓子です。





  • 日本で初めて洋菓子店を開いたフランス人、ルコントさんのお店のフルーツケーキ

    アートディレクター・食文化研究家

    後藤晴彦(お手伝いハルコ)

    dummy

    目黒の元競馬場にあるイタリアン「メッシタ」(現在閉店して移転予定)で、料理人のミキちゃんから帰りに「これ、よかったら」と渡された白くて長い箱がありました。手にすると、ずっしり重い。中には、ホールのフルーツケーキが入っていたのです。(正確には半分までミキちゃんが食べた残りです)

     

    「ルコントのフルーツケーキ!?」懐かしいケーキとの出会いでした。10年くらい前なら甘いものにはさほど興味を引かれなく、レストランで食事をしても食後はもっぱら、食後酒でデザートはあまり頼まなかったのです。しかし、段々甘いものに目覚めてきた(遅いが)のは、加齢と共に味覚が変化したからだと感じるのです。このところ、朝食でもコーヒー・ブレイクでも結構甘いものに手を出している自分に気が付き、苦笑いしているのです。とはいえ、甘いものと言っても最近のスイーツはあまり食べないのです。確かに材料を吟味して最高の技術で芸術的に仕上げられたスイーツは、素晴らしいとは思うのですがね。どちらかと言うと、昔の洋菓子店的な味が大好きなのです。

    ミキちゃんの話を聞くと、お客さまのお誕生日祝いの特注品を、引出物としてもらったものだそうで、お裾分けとしてご相伴にあずかりました。朝食に紅茶とカットしたフルーツケーキを食べた印象は、「本当に懐かしい味」だと思いました。生地の中に色とりどりのドライフルーツがちりばめられて、ラム酒の芳醇な香りに包まれている果実がジュワッと口に広がります。「うん、旨い!」

     

    しっとりした生地とレーズン、プラム、チェリー、りんご、杏、ベリー類といった個々のフルーツの味で、甘味と酸味のバランスも良いのです。一番懐かしいのは色鮮やかなドレンチェリーで、種を抜いたサクランボの蜜付け。小さい頃の食べたケーキにはこのドレンチェリーがよく入っていたのを思い出しました。ドレンチェリーにも仕上げにもラム酒を塗っており、香りも楽しめるのです。そして、このフルーツケーキ、スライスタイプが気軽に1枚から買えることを後から知りました。

     

    ルコントは、1968年に六本木で開店した(その後は六本木から青山へ移転した)、日本で初めての本格フランス洋菓子店として多くの人々に愛されました。2010年に一度、店を閉めましたが、2013年に広尾に新しい「ルコント」として再出発したのです。

     

    この店を紹介するには、創業者のアンドレ・ルコントさん抜きでは語れません。1931年パリの南のロワール地方に生まれて、パリの店で働きはじめ、兵役を終えて“ホテル ジョルジュ サンク”でケーキ職人として修行し、ジャマイカに派遣されたのです。そこから、ルコントさんはその当時上院議員であったケネディ夫妻やロックフェラー家の贔屓にされたのです。また、イランへ派遣され、その当時のパーレビ国王のために、ケーキの王様と呼ばれる“ナポレオン ミルフィーユ”を作っていました。そして、東京オリンピックの開催に「ホテル オークラ」からフランス菓子の指導に招かれたのです。そして、1968年に日本で初めてフランス人による洋菓子店を開店したのでした。吉田茂首相もルコントさんのケーキが好きで、首相のお好みの“パリブレスト”をよく作っていたそうです。日本とフランスを菓子と料理を通じて食文化に貢献して「レジョン・ドヌール勲章シュヴァリエ」を授与されました。今、隆盛を迎えている日本のスイーツもルコントさんのような先駆者がいたからこそあるのです。そのルコント出身のパティシエの方々は、今の日本の洋菓子界の重鎮となり、全国にいらっしゃると聞きました。そして、ルコントさんの業績を継承するために、隔年で“パリブレスト”を課題にした「アンドレ・ルコント杯」が開催されているのです。まさに、ルコントさんはフランス菓子の伝導師なのです。

  • 舌先から官能的なフランスを体感!洋酒の効いた【フルーツケーキ】

    スイーツコンシェルジュ アドバンス

    佐藤ひと美

    dummy

    大人を満足させる伝統的なフランス菓子の匠

    1968年、日本で初めて誕生したフランス人によるフランス菓子専門店“ルコント”。

    ~Tout a la Francaise~(万事、フランス流に)を信念に、本場の伝統や、製法でフランス菓子のどこか懐かしいと感じさせる美味しさを日本に広めた名店の、是非食べておいてほしいスペシャリテ【フルーツケーキ】!

    一か月以上ラム酒に漬けこんだ10種類以上の厳選したドライフルーツ(赤と緑のドレンチェリー・アプリコット・プラム・クランベリーなど)と、代々受け継がれてきた蜂蜜をたっぷりと使ったクラッシックな伝統の味。シンプルながら濃厚な奥深い風味を堪能できる“ルコント”のスペシャリテ。生地よりもはるかに多いフルーツの詰まった見た目も多彩な断面は食欲も非常に上品かつ魅惑的で食欲をそそります。

    生地も非常にしっとりしており、わずか1㎝という薄さにもかかわらず、満足感を得られる逸品。洋酒好きなお世話になっているお客様へ、感謝の意も込めながら手土産でお渡しすると非常に喜んでいただる為、ギフト用のフルーツケーキカットの詰合せや、一本まるまるのケーキも重宝しています。

  • 都内の一等地の場所でしか購入できないという観点から、セレブな高級なお菓子と感じます。女性が多い取引先へお渡しすると喜ばれると思います。(商社 秘書歴3年6ヶ月)

  • 洋酒の香り、バターの香り、アーモンドプードルの香り等、素材の香りを楽しめます。お渡しする時も自信を持ってお渡し出来そうです。個別包装なので、部署宛やご家族への贈り物に良いと思います。(建設業 秘書歴7年)

  • バターが良質でとても美味しいです。ラム酒がしっかりとフルーツに染み込んでいて、お酒好きな方に是非贈りたいと思いました。また包装もオシャレでちょっとしたお土産にしやすいです。(ソフトウェア 秘書歴10年)

商品詳細

  • 賞味期限:
    製造日より30日間
  • 保存方法:
    常温
  • 加工地:
    東京都 (製造者:株式会社 ベイクウェル)
  • アレルギー物質:
    小麦、卵、乳、オレンジ、りんご、その他、※詳細は原材料をご参照下さい。
  • 内容量:
    14個入り
    原材料:
    「フルーツケーキ」洋酒、ドレンチェリー、ドライフルーツ(レーズン、プラム、チェリー、リンゴ、杏、ベリー類)、小麦粉、バター、卵、砂糖、はちみつ、シナモン、レモン、オレンジ
    「フリアン」粉糖、卵白(卵含む)、バター、小麦粉、アーモンド、転化糖、はちみつ
    「マドレーヌ」卵、バター、小麦粉、砂糖、レモン
    包装形態:個別包装
    贈答対応:熨斗対応可能
  • 梱包サイズ:
    28.5cm x 18cm x 5.5cm
  • 温度帯:
    常温
  • 商品番号:
    alg38

ルコント 広尾本店のご利用ガイド

お支払い金額について

支払い方法について
お支払い代金=商品代金合計(税込み)+送料(税込み)+代引き手数料

送料・配送料について

配送業者:ヤマト運輸

返品について

☆☆☆ 返品について☆☆☆
■商品の不良、お客さま都合による返品
ご注文の品と違う商品が届いてしまった場合、商品の破損・傷みなどの品質上の問題があった場合、また、お客さまの都合により返品をご希望の場合は、商品到着の日から3日以内にご連絡いただければ、返品を受け付けます。
【返品条件】
返品をご希望のお客様は、配達日から3日以内にメール・電話にてご連絡ください。4日目以降の返品はできません。
【連絡先】
電話 03-3447-7600(担当 長谷川)(受付時間 9:00~19:00 年末年始を除く)
メール hiroo@a-lecomte.com
【返送先】
〒106-0047 東京都港区南麻布5-6-13
株式会社ベイクウェル TEL:03-3447-7600

お支払い方法について

■カード決済

【お取り扱いカード】

VISA / Master / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersをご利用いただけます。

■代金引換
商品価格合計
代金引換手数料(税込)
0円 ~ 10,000円
324円
10,001円 ~ 30,000円
432円
30,001円 ~ 100,000円
648円
100,001円 ~
1,080円

営業日注意事項について

営業日・営業時間について
休業日(年末年始)は、メールおよび電話での対応はお休みをいただいております。
電話での受付時間 : 平日9:00~17:00

会社概要

会社名
株式会社 ベイクウェル
住所
〒106-0047
東京都 港区 南麻布5-16-13
TEL
03-3447-7600
FAX
03-3447-7601

この商品を見た人はこの商品も見ています