sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom

スイーツ・お菓子(4ページ目:91件~120件)

最新<スイーツ>人気ランキング

ランキング スイーツ・お菓子ランキングから探す

表示件数 :

+絞り込み
arrow並び替え

スイーツ・お菓子のお取り寄せにオススメ!人気店のこだわり商品をご紹介【情熱の目線】

  • 良質な材料で作るシンプル・イズ・ベストな老舗の最先端クッキー

    変わることで変わらないものを守る。ブラッシュアップし続ける洋菓子

    1964年創業のエルベランは、地元だけでなく全国からお客さんが足を運ぶ人気店。中でも先代から続く看板商品のエルベランクッキーは、お菓子に目がない子どもから美味しいものを知り尽くした大人まで、幅広い世代に支持されています。
    柿田シェフが父からお店を継いだのは2011年。物心ついた頃から父の仕事を手伝い、奈良のケーキ屋での修行を経て一緒に働き始めましたが、偉大な父の店を継ぐプレッシャーは一切なかったそうです。
    「自分のお店をやりたかったので店を継ぐつもりはなくて、父からも継いで欲しいという言葉はありませんでした。ところが、一般的に老舗というと古いイメージを持つと思うのですが、“老舗は最先端”だと思うようになってから、継ぐことへの意味を感じるようになったんです。新しいお店よりも50年間先を走っているので、父がしてきた苦労を飛び越えて…
    続きを読む 商品の詳細
  • 熊本県産の栗を惜しげもなくたっぷりと。自然な味わいの和栗のテリーヌ

    素材への徹底したこだわりで、定番ケーキが驚きのある美味しさに

    高級住宅街・芦屋をはしる大通りから1本入った路地裏に多田さんのお店「パティスリーエトネ」はあります。芦屋の街並みによく似合う、白のタイルと木の扉、看板のブルーがキーカラーになったシンプルな佇まいが印象的。
    多田さんはパリの名店「ラデュレ」を経て、神戸北野ホテルがプロデュースする「イグレックプリュス+」の立ち上げからシェフパティシエを勤めた後、約2年前にお店をオープン。独立を機に、ケーキ作りにおいてキーワードにしたのが「原点回帰」でした。
    「イグレックプリュス+は、三ノ宮にある都会のケーキ屋さんなので地元のケーキ屋さんにはないものを求めてくるお客様が多かったんですよ。お客さんのニーズに応えるために、華やかな色やデザインを意識しながら、あえてスタイリッシュなケーキを…
    続きを読む 商品の詳細
  • 誰もが笑顔になる、素材と手作りが生み出す「おいしい」の先の「うれしい」プリン

    開店したきっかけは、いか焼き屋さん!「日本一こだわり卵」との出合い

    目黒川沿いから少し入ったところにショップを構える「うれしいプリン屋さんマハカラ」。でも、よく見ると、おや? その隣には、「いか玉焼きと串カツ マハカラ」という看板を掲げた同名のお店が。「もともとは、いか玉焼きのお店なんですよ」と謎を解き明かしてくれたのは、オーナーのビルゲさん。
    関西出身のビルゲさんは、地元の味、いか玉焼きと串カツが看板メニューのお店を16年前にオープン。そこで提供していたランチセットのデザートとして作っていたのが、ミニサイズのプリンでした。
    「いか玉焼きに使用している卵は“日本一こだわり卵”といって、縁のある兵庫県の養鶏場のもの。この卵がおいしいのはもちろん、生産者の方のこだわりが詰まっていて…
    続きを読む 商品の詳細
  • 100年前と同じレシピを、100年前と違う素材で。 江戸っ子御用達のえびせん

    築地から五反田へ。 東京でしか買えない「江戸みやげ」。

    「“江戸みやげ”という名前で商標登録されたのが大正10年。今思うと、よくそんな一般的な名前で登録できましたよね」と、老舗煎餅店「進世堂」6代目店主、杉江烈(たけし)さんは笑います。元々、「進世堂」は築地でおかきやあられ、海鮮珍味を扱うお店として創業。その後移転し、現在の五反田の地へ。店内には、様々な種類の煎餅、おかき、あられが所狭しと並びます。
    中でも存在感を放つのが、やはりお店の顔である「江戸みやげ」。入っているのは、淡い桜色のえびせんをメインに、金城巻き(細切り海苔をまぶしたもの)、品川巻き(海苔で全体を巻いたもの)、米粒、ゴマ、醤油、小桜(醤油を桜型に抜いたもの)、茶巾(抹茶入り)、鬼小僧(硬めのあられ)、元禄(塩味の揚げ餅)と、季節によって…
    続きを読む 商品の詳細
  • シェフやソムリエの目線が生きている、アイディアに溢れた新発想のマカロン店

    フレーバーの魅力をグッと引き出すひと工夫

    よもぎ、白みそ、ほうじ茶…といった個性的なフレーバー名を聞いて、パッとマカロンを思い浮かべる人は少ないのでは。本の街、神保町で、ナチュラルな白い壁と木目のおしゃれな外観が目を引く、マカロン専門店『ル・プチ・クール』では、ひと味違った和のフレーバーのマカロンが人気。おまけに、ひと目見て、「可愛い!」と声が上がること間違いなしの、ひと口サイズ。直径3cm程度で、一般的なマカロンよりも小ぶり。ぷっくり膨らんだ形も特徴です。
    「マカロンってフレーバーも色も豊富で、いろいろ食べてみたくなりますよね? このサイズなら、いくつでも食べられるかと思って。小さくした分、食べ応えのあるぷっくりした厚みが出るように、ツヤを出して薄い生地を作る“マカロナージュ”という…
    続きを読む 商品の詳細
  • おいしさの秘密は職人技が光る「手作り」にあり 銘菓が揃う、鎌倉の菓子店

    ルーツは、神楽坂の和菓子店 和の品格と洋の華やかさで鎌倉の銘菓に

    「クルミッ子」を手がける「鎌倉紅谷」(創業時の店名は「紅屋」)は、昭和29年、神楽坂の歴史ある和菓子店で修業した和菓子職人の有井鉄男さんと洋菓子職人の有井弘臣さんが創業。現在は、三代目の有井宏太郎さんが代表を務めています。
    菓子コンクールで賞を獲得し、神奈川県指定銘菓「あじさい」や、第二十七回神奈川県名菓展 菓子コンクール最優秀賞受賞「鎌倉だより」をはじめ、特に人気のお菓子が第二十五回神奈川県名菓展 菓子コンクール最優秀賞受賞「クルミッ子」です。
    登場したのは約30年前ながら、口コミでじわじわと広まり、店舗でもネットでも売切れが続出。今回は、増産を図るべく建設した工場のひとつ、横浜市の幸浦工場で製造部長の戸田新一郎さんのお話をお伺いしました。高い天井と清潔感溢れる工場の空間を…
    続きを読む 商品の詳細

あなたにおすすめの商品

新規会員登録で今すぐ使える送料無料クーポンプレゼント!