sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • たぬき煎餅01
  • たぬき煎餅02
  • たぬき煎餅03
  • たぬき煎餅04

1/

たぬき煎餅

3,240(税込) 32pt

  • ギフト対応可 ギフトとして送ることができます。

  • カード決済可 クレジットカードでの決済が可能です。

送料・お届け日を確認
ギフト内容を確認

数量を選択

シェア

商品説明

ここがオススメ

昭和3(1928)年に浅草柳橋で創業。
戦火を逃れて昭和30年に麻布十番に店を移し、老舗の味を守り続けています。

煎餅の生地には特撰米をを使用し、8種類の極上醤油を使い分けるなど、材料、生地作り、焼きと、最後の仕上げまで、しっかりと手間ひまをかけた、一切の妥協を許さない最高級品です。

他抜(たぬき)の名に思いを込めて、伝統の技で一枚一枚丁寧に焼き上げた、正統派煎餅の逸品です。

たぬき煎餅

昭和3(1928)年に浅草柳橋で創業。戦火を逃れて昭和30年に麻布十番に店を移し、老舗の味を守り続けています。

煎餅の生地には特撰米をを使用し、8種類の極上醤油を使い分けるなど、材料、生地作り、焼きと、最後の仕上げまで、しっかりと手間ひまをかけた、一切の妥協を許さない最高級品です。

他抜(たぬき)の名に思いを込めて、伝統の技で一枚一枚丁寧に焼き上げた、正統派煎餅の逸品です。

  • 「他を抜く」心意気で、手焼きにこだわる高級煎餅

    食生活ジャーナリスト

    岸朝子

    dummy

    吟味したお米と醤油、素材の味を活かす職人の技も見事

    次々とおしゃれな店が増え、若い方たちにも人気の麻布十番は、一方で下町の風情も残る私の好きな街のひとつです。豆菓子の「豆源」、鯛焼の「浪花屋総本店」など昔なじみの店も多く、ときおり、ふらりと歩いてみたくなります。そんな時よく立ち寄るのが、愛嬌たっぷりの信楽焼きの大狸が目印の「たぬき煎餅」。1928年(昭和3年)創業のこの店の名前は、“他を抜き”日本一の煎餅を目指すという気持ちを、「たぬき」の言葉にかけてつけられたと聞きます。創業当初は浅草柳橋に店を構えていましたが、1945年(昭和20年)の東京大空襲を機に、現在の麻布十番に移ったとか。近くには狸穴や狸坂といった店名にゆかりの地名があり、なるほど、と思います。

    この店を代表する煎餅が、創業以来守り伝えられてきた「直焼」。材料の吟味から始まり、生地作り、伝統技の手焼き、醤油塗りなど、最後の最後まで丹念に、手間暇かけて生み出される逸品です。一日に数百枚しか焼けないということですが、三代目当主が一枚一枚店頭で焼く様子が見られるのも、私がこの店を訪れる楽しみのひとつになっています。素材にもこだわり、米は庄内産、醤油は宮内庁御用達の御用蔵醤油とのこと。たぬきをかたどったユーモラスな形の「直焼」は全部で4種類あり、サクッと柔らかな小狸、ほどよい堅さの古狸、濃いめの醤油を塗った厚焼きの大狸、醤油を二度塗りした堅焼きの元老狸と、それぞれに違った歯応えと味わいで楽しませてくれます。伝統を守りつつ、新しい味の工夫も怠らず、チーズサンド煎餅「たぬ吉」、一口サイズの「わらべ狸」などの人気商品も。これらももちろん、すべてたぬきの姿をしています。

  • 有名で美味しい逸品です。甘いものが苦手な方でもOKで、部内の方みんなで分けて食べられるのもポイントですね。(金融・証券・保険業 秘書歴10年)

  • 手土産は甘いものが続く傾向にあるので、お客様から頂戴すると毎回大好評。賞味期限が長く、気温差に左右されない点も○です。(サービス業 社長秘書歴13年)

  • 手土産で頂かないと食べられないと言われたことがあります。わざわざ購入してもらったという感じがGOODですね。(政府・地方公共団体・各種法人・団体 秘書歴3年)

商品詳細

  • 賞味期限:
    製造日より90日間
  • 保存方法:
    常温
  • アレルギー物質:
    大豆、ごま、※詳しくは原材料をご確認くださいませ。
  • 内容量:
    25枚
    【原材料】うるち米(国産米)・しょうゆ(大豆、小麦を含む)・ごま・のり・こんぶだし・かつおだし・砂糖・調味料(アミノ酸等)
    【贈答対応】熨斗対応可、お悔やみ対応(法事等の包装対応)可
  • 温度帯:
    常温
  • 商品番号:
    temi001

厳選商品一覧

株式会社たぬき煎餅のご利用ガイド

返品について

【商品の不良による返品】
返品をご希望のお客様は、配達日から2日以内にメール・お電話にてご連絡ください。
【返品条件】
ご注文の品と違う商品が届いてしまった場合、商品の破損・傷みなどの品質上の問題があった場合には、商品到着日から2日以内にご連絡いただければ、返品を受け付けます。3日目以降の返品はできません。
【連絡先】
電話:03-3585-0501
担当者:日永 治樹
受付時間:月~土 9:00~18:00
メール:info@tanuki10.com
【返送先】
郵便番号:〒106-0045
住所:東京都港区麻布十番1-9-13

お支払い方法について

■カード決済

【お取り扱いカード】

VISA / Master / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersをご利用いただけます。

■銀行決済

【銀行名】みずほ銀行
【支店名】麻布支店
【口座種別】当座
【口座番号】0005516
【口座名義人名】株式会社たぬき煎餅
【口座名義人名 カタカナ】カブシキガイシャタヌキセンベイ
【お振込期限】ご注文日より[ 3 ]日以内にお振込み下さい。

営業日注意事項について

営業時間:9:00~20:00(土・祝は18:00まで)
休業日:日曜日

会社概要

会社名
株式会社 たぬき煎餅
住所
〒106-0045
東京都 港区 麻布十番1-9-13
TEL
03-3585-0501
FAX
03-3585-0502

この商品を見た人はこの商品も見ています

まずはここをチェック!おすすめ特集ピックアップ

 

新規会員登録で今すぐ使える5%OFFクーポンプレゼント!