sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • SIRIUS 750ml01
  • SIRIUS 750ml02
  • SIRIUS 750ml03

1/

阿部酒造株式会社

SIRIUS 750ml

3,240(税込) 32pt

  • カード決済可 クレジットカードでの決済が可能です。

送料・お届け日を確認

数量を選択

シェア

商品説明

晴れの日の乾杯にぴったり!
小さな酒蔵がチャレンジした新感覚の日本酒。

酒造りは20代中心の若手メンバー。
6代目杜氏が挑戦する、新たなブランド作り。

阿部酒造は新潟県柏崎市にある小さな酒蔵です。1804年に創業し、今年214年を迎えました。現在この酒蔵で杜氏を務めるのは、若き6代目の阿部裕太さん。東京の企業で働いていた時に、新たな日本酒造りにチャレンジしてみたいと思い立ち、実家の酒蔵に戻ることに決めました。

酒造りを始めてようやく5年目。やればやるほど迷路に迷い込み、酒造りの難しさを再認識している最中です。とはいえ、難しければ難しいほど、どんどん酒造りにのめり込んでいく日々が続いています。

阿部酒造では、現在4名の男性が日々おいしい酒造りに励んでいます。メンバーはなんと20代が中心。若い世代が意見を交換し合い、切磋琢磨することで、昨年より今年、今年より来年と、若き杜氏・裕太さんの目指す方向性に近づきつつあります。

自然豊かな米どころ、柏崎市。
地元で愛される老舗酒蔵の目指す未来。

阿部酒造がある新潟県柏崎市は、新潟県のほぼ中央に位置し、日本海と刈羽三山(米山、黒姫山、八石山)に囲まれた自然豊かな町です。山間にはのどかな田園風景が広がり、米どころとしても知られています。

阿部酒造では、昔ながらの手間ひまかけた袋取りで、年間約14,000本の日本酒を作ります。米山山系、黒姫山系の軟水を使い、やわらかい酒質が特徴です。代々「内杜氏」というシステムで、親から子に直接酒造りの方法を伝えて、お酒を造り続けています。そのため、創業当時から酒造りの方法はほとんど変わらないといいます。

「うちはまだまだブランドを作っている段階。ブランド力のある酒蔵が1から100を作るところを、うちは0を1にする作業をしている最中」と裕太さんは話します。阿部酒造はもともと地元で消費されるお酒を造り、お酒の種類も少ない酒蔵でした。裕太さんが新たな挑戦に挑むことで、未来に繋がるお酒の根源が作られていくのだといいます。というのも、阿部酒造は裕太さんが酒蔵に戻らなければ、廃業する予定でした。今は裕太さんが阿部酒造というキャンパスに新たな絵を描いています。裕太さんの挑戦が、阿部酒造や柏崎市を盛り上げることにつながっているのです。

柏崎産のお米と水だけを使う日本酒を造る。
★(スター)シリーズは、阿部酒造最大の挑戦酒。

今回ご紹介する阿部酒造の「★(スター)シリーズ」は、星座の名前を冠した阿部酒造の挑戦酒と位置付けられています。「シリウス」を含めて全部で4種類があり、すべて100%柏崎産のお米を使っています。日本酒というより、ワインのような見た目が印象的で、ラベルには原料のお米が取れた田んぼが描かれています。より良い酒米の産地を求め、他県産のお米を使用することもできますが、あえて柏崎産のお米だけを使ったのは、地元のものを使うことで、作り手の想いを伝えたかったから。それぞれの数量は1,800本程度と少なく、まさに地元愛溢れる1本です。

あえて阿部酒造を全面に出さずに、裕太さんが新たなブランドを立ち上げたのは、「★(スター)シリーズ」がエッジが効いた造り方をしているから。ブランドを別にしておかないと、阿部酒造の作るお酒の軸がブレてしまうことを懸念したといいます。

「★(スター)シリーズ」の造り方は、清酒の教科書からは逸脱したもので、当然できるお酒も清酒らしくない味わい。「★(スター)シリーズ」のラベルを清酒のようなラベルにしてしまうと、見た目と味わいがちぐはぐになってしまうため、考えたのが日本酒っぽくない斬新なラベルです。阿部酒造という冠も飲んだ後で知るぐらいでいいと、あえて「★(スター)シリーズ」を作っている蔵が阿部酒造だとわからないようにしています。

栓を開けると瓶内で雪が舞う。
冬が飲み頃のスパークリング日本酒。

「★(スター)シリーズ」のなかでも「シリウス」は2018年7月初頭に発売したばかり。「★(スター)シリーズ」は通常、発売した季節の星座の名前をつけていますが、「シリウス」とは冬の一等星。ラベルにも雪の季節の田んぼが描かれています。その理由は、「シリウス」は栓を開けた瞬間に、瓶内のにごり成分がガスによって舞います。その様子はまるで雪が舞うようだったので、冬の一等星を選んだといいます。「シリウス」は冬を迎えた頃が一番の飲み頃。冷蔵庫の中で立てたまま、しばらく寝かせておくのがおすすめです。

裕太さんがこれからさらにチャレンジしたいことは、自分で酒米を作ること。とはいえ、裕太さんの酒造経験はまだ5年目で、お酒の味を作るのに四苦八苦している状態。そんな状態で米作りをしてしまうと、酒蔵の根源であるお酒の質が落ちかねません。米作りをしたい想いはあっても、しばらくはおいしいお酒を作ることに注力する日々が続きそうです。

特徴は2つのお酒による瓶内二次発酵。
1本1本、手作業で瓶詰め。

「シリウス」は2つのお酒を混ぜ合わせて、ひとつの商品を作り上げています。最も難しかったのは、2つのお酒を混ぜることによる「瓶内二次発酵」。ひとつのお酒の味が違えば、当然お酒全体の味も変わってしまいます。お酒の味のゴールをイメージして、瓶内で発酵する2つのお酒を造らなければならないのが最大の難関でした。

また、2つのお酒を合わせてひとつのお酒を造るだけではなく、瓶内で発酵させなければいけないので、合わせる割合が2、3%違うだけで瓶が破裂してしまいます。清酒は酵母が強いため、シャンパーニュやワインと比べてしっかりとガスが出ます。味わいを鑑み、耐圧をコントロールしながら、お酒の味を考えているため、1本1本スポイトを使い、手作業で詰めています。2つのお酒の割合が少し違うだけでも、お酒のシュワシュワ感が変わるので、個体差をコントロールするために スポイトで正確に量を測りながら混ぜ合わせています。

従来の日本酒とは異なる「酸」が特徴。
乾杯から前菜に合わせたいお酒。

「シリウス」は、従来の日本酒とは異なり、かなり「酸」が効いています。そもそも清酒は、酸を主張したお酒はあまりないこと。昔から酸味を感じる清酒はダメなお酒と烙印が押されていました。「シリウス」は発酵する段階をコントロールして、あえて「酸」を出しています。そこにスパークリング清酒のような泡感をプラス。酸にガス感を組み合せることによって、より清酒から逸脱した味わいになっています。

「シリウス」はアルコール度数も低く、ペリエ程度のガス感があるので、乾杯酒という立ち位置がぴったりなお酒です。裕太さんは、食前から前菜くらいまでをイメージとして造っています。どんな料理でも合う日本酒とは異なり、酸が効いている「シリウス」は生臭さを引き立ててしまうお刺身には合いません。生魚に合わせたいときは、すだちやポン酢などでアレンジするのがおすすめ。さらによく合うのは、酸があることで相性が良くなるフレンチやイタリアンなどの洋食。日本酒のうまみと果実感のあるピュアな甘さが料理を引き立てます。

このお酒を特におすすめしたいのは、普段からワインが好きで、日本酒にも少し興味がある方。日本酒を飲んでみたいけれど、どれを飲んだからいいかわからないという方の入門のお酒としてぴったりです。アルコール度数もだいたいワインと同じ程度。日本酒と比べると少し控えめなので、テーブル日本酒として気軽に飲めるのもうれしいですね。

保存方法は、冷蔵庫に立てたまま入れておきます。瓶内で発酵しているので、横置きは厳禁。すぐに飲めるように、しっかり冷やしておきましょう。よく冷やしてゆっくりと王冠栓を開けないとこぼれてしまいます。また溢れることを覚悟で脇にグラスをいくつか並べておくと良いかもしれません。

SNSで酒造りの情報を発信。
阿部酒造の価値を伝えていきたい。

1本1本手作業で瓶詰めしているため、「シリウス」は1,800本の数量限定。首都圏でも販売しているお店が少なく、手に入れるのはとても困難なお酒です。

阿部酒造では、SNSを使った発信に力を入れ、若手酒造家たちが集まるイベントにも積極的に参加しています。それは、自分たちが苦労して作ったお酒に見合った価格をつけているため、その過程をきちんとお客様に伝えたいから。現場を見ている裕太さんたちにとってはたわいもないことでも、私たちにとっては知らないことばかり。一生懸命お酒を作っていることを伝えることが、阿部酒造の価値を伝えてくことにもつながっていると裕太さんはいいます。

若手杜氏が日本酒と真剣に向き合い、造りあげたお酒「シリウス」。ぜひ一度、味わってみてはいかがでしょうか。

  • 編集:村上 紗織(株式会社 都恋堂)
  • ライター:寺田 愛
  • カメラマン:川上 輝明
  • フードスタイリスト:岡本 ゆかこ

※一部写真は阿部酒造株式会社提供

商品詳細

  • 保存方法:
    冷蔵(5度以下推奨)
  • 内容量:
    750ml
    ~要注意~
  • ・発泡性の日本酒のため開栓時に噴出す恐れがあります。
  • ・開栓前に振り混ぜるのは、絶対にお控えください。
  • ・必ず冷蔵庫内で保管してください。
  • ・開栓後はお早めにお召し上がりください。
  • 日本酒の特徴:
    発泡
  • 温度帯:
    冷蔵
  • 商品番号:
    pu0abs0001

店舗名

EAT&BEAUTY

EAT&BEAUTYのご利用ガイド

返品について

・返品、交換は商品到着後、原則翌日までにご連絡をお願い致します。
※品質につきましては、発送前に検品をし万全を期しておりますが、商品到着後すぐに商品のご確認をお願い致します。
ご不在等により到着日が遅れた場合は、対応でき兼ねる場合もございます。予めご了承の程お願い致します。

◆商品保証の条件
・商品が『破損』している場合、または当店の手違いで『違う商品が届いた』場合に、商品を交換させて頂きます。
※収穫の確認等に時間を要し、お届けに1週間程度かかる場合もございます。予めご了承の程お願い致します。
※交換商品がご用意できない場合(シーズン終了等)は、ご返金もしくは代品での対応とさせて頂きます。

<当店が負担するケース>
・商品が破損している場合
・当店の不手際により違う商品が届いた場合

<お客様にご負担して頂くケース>
・お客様自身のご注文のお間違い。
・商品発送後、お客様のご都合による変更依頼
・商品発送後、お客様のご都合によるキャンセル

◆その他
・上記に書かれていない場合、お手数ですが商品到着から原則翌日迄に、当店にご連絡下さい。

◆キャンセルにつきまして
・生鮮品の為、キャンセルはお客様がご選択された『発送日の前日(※日祝を除く)』迄に、お願い申し上げます。

◆返品連絡先
返送先住所:〒100-0006 東京都千代田区日比谷1-2-2 東宝日比谷ビル
株式会社ぐるなび 担当者:EAT&BEAUTY運営事務局 宛
E-MAIL:gshop-info@gvavi.co.jp
TEL:03-3500-9776

◆電話・メールでのお問い合わせについて
平日10:00~18:00
(土・日・祝日・夏期、年末年始の休業日を除く)の間に行っております。

お支払い方法について

■カード決済

【お取り扱いカード】

VISA / Master / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersをご利用いただけます。

営業日注意事項について

■ご注文について
 ご注文は24時間受け付けております。

■メール・電話によるお問い合わせについて
 平日10:00~18:00にてお受けしております。
 この時間帯以外でのお問い合わせに関しては、翌営業日の対応とさせて頂きます。予めご了承下さい。

■休日について
 土曜日、日曜日、祝日は休日を頂いております。

会社概要

会社名
株式会社ぐるなび
住所
〒100-0006
東京都 千代田区有楽町1-2-2
東宝日比谷ビル6F
TEL
03-3500-9776
FAX
--

この商品を見た人はこの商品も見ています

まずはここをチェック!おすすめ特集ピックアップ

 

新規会員登録で今すぐ使える送料無料クーポンプレゼント!