sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • スキクイーン ゴートチーズ【約250g】01
  • スキクイーン ゴートチーズ【約250g】02
  • スキクイーン ゴートチーズ【約250g】03

1/

輸入元:アクアビットジャパン

スキクイーン ゴートチーズ【約250g】

1,404(税込) 14pt

  • カード決済可 クレジットカードでの決済が可能です。

送料・お届け日を確認

数量を選択

シェア

商品説明

ここがオススメ

山羊乳のホエー(乳清)に、山羊乳や牛乳やクリーム等を加え煮詰めて製造したチーズです。

濃厚でコクがあり、ほんのり甘いのが特徴で、ねっとりとキャラメルの様な食感!

薄くスライスしてパンやクラッカーに乗せてオードブルに。
バナナなどのフルーツとも相性バツグンで、ワッフルやパンケーキに乗せても美味しく頂けます!

お菓子やケーキ、ソースの隠し味にも適しています。

【開封後の保存方法】
要冷蔵(10℃以下)
開封後はお早めにお召し上がり下さい。

  • 一度は食べて欲しい!ノルウェーの絶品“山羊のチーズ”

    ノルウェー王国大使館

    dummy

    ノルウェーと山羊の関係

    平地が少ないノルウェーでは、山間地、傾斜地を中心に全般的に酪農がおこなわれています。牛よりも山羊の飼育に適した風土であるため、山羊を使った伝統料理が多く存在します。1年の半分が雪に閉ざされる地域もある厳しい気候のノルウェーでは、羊肉を塩漬けにして燻製にして保存食として食べられています。羊肉とキャベツの煮込み料理の「フォーリコール」もノルウェーでは欠かせない伝統料理です。ノルウェーの食文化の中で、羊は非常に重要な食材のひとつなのです。

    チーズとは思えないクリーミーな味わい

    チーズもノルウェーの食卓には欠かせない食品のひとつです。ノルウェーでメジャーなチーズといえば、「イェトスト」と呼ばれる山羊のチーズです。このチーズは、通常のものとは違いキャラメルのような茶色いチーズで、ねっとりとした、まるで本物のキャラメルを食べているような食感が特徴的です。このチーズがなぜ茶色なのかは、その製法に秘密があります。通常の白や黄色のチーズは、たんぱく質凝固物質を固めて作られますが、「イェトスト」の場合は乳清を煮詰めてカラメル状にしたものに山羊乳を加える方法でチーズを固めていきますので、茶色のチーズが出来上がります。ノルウェー人は通常このチーズを、バターを塗ったパンの上に薄くスライスしたブラウンチーズを乗せて食べます。ワッフルの上に乗せても絶品です。日本でも販売されていますので、普通のチーズとはまた一味違う風味を楽しんでみてください。

  • バリスタ世界チャンピオンがすすめる、コーヒーと一緒に食べたい味は?

    コピーライター・北欧BOOK代表

    森百合子

    dummy

    ノルウェー人にとってのソウルフード

    最近、日本でも注目されるようになったバリスタの世界大会(World Barista Championship)。WBCは2000年にスタートし、現在16名の世界チャンピオンがいます。そのうち6名が北欧出身で、デンマークから4名、そしてノルウェーからは2名の世界チャンピオンが生まれています。

     

    ノルウェーというとフィヨルドとオーロラ。そんな大自然のイメージで語られることが多いですが、じつはおいしいコーヒーの本場でもあります。


    バリスタ世界チャンピオンの一人、ティム・ウェンデルボーは2004年に世界チャンピオンに輝いて以来、カリスマ的な魅力で世界のコーヒーシーンを牽引してきました。ノルウェーの首都、オスロには彼の名前を冠したコーヒーショップがあり、世界中からコーヒーファンが訪れています。彼が書いた本「COFFEE with Tim Wendelboe」はコーヒーマニアのバイブルとなり、昨年には日本語版も出版されました。

    もう一人の世界チャンピオン、ロバート・トーレセンは初代バリスタ世界チャンピオン。北欧でエスプレッソバーの先駆けとなる名店『JAVA』や、ノルウェーではじめてドリップやエアロプレスなどの抽出法で1杯ずつ丁寧に淹れるスタイルを取り入れた『MOCCA』の創業者であり、現在の北欧のコーヒースタイルを創りだした一人。いまはスペシャルティコーヒー専門の焙煎所『KAFFA』を率いる一方で、コーヒー産地に足を運び、生豆のトレードにも力を入れています。

    このロバートに「コーヒーと一緒に味わうなら、何がいい?」と尋ねたところ、おすすめされたのがブラウンチーズのオープンサンド。

     

    ブラウンチーズといえばノルウェーを代表する味。チーズを作る際に乳清がカラメル色になるまで煮詰めることで独特の茶色になり、甘じょっぱい味わいが特徴です。ヤギ乳を使ったものがとくに有名で、スーパーマーケットでも必ず数種類が置いてあり、ブラウンチーズのオープンサンドといえばノルウェーカフェでは軽食の定番なのです。

    JAVAで出しているのは、契約している小さな農場から取り寄せたブラウンチーズ。スーパーで見るものよりも色が濃く、味も絶品。チーズと黒パンの間にドライアプリコットが挟んであり、これが絶妙の取り合わせなのです。

     

    ロバートがブラウンチーズをすすめたことは、少し意外でもありました。なぜならブラウンチーズはどちらかといえば癖のある味で、彼らが提供する極上のコーヒーの味を邪魔してしまうのでは?と思ったのです。それが実際に『KAFFA』の少し酸味のきいた浅煎りコーヒーと一緒に食べてみると、確かにコーヒーによく合います。子どもの頃から家でコーヒーを淹れ、ブラウンチーズを一緒に食べていたというロバート。「ブラウンチーズは甘みがあって、コーヒーとの相性がいいんだ。僕はコーヒーには砂糖やミルクを入れないけれど、コーヒーに合わせて甘いものを食べるのは好きだよ。パンとバターとこの甘いチーズは、とてもいい組み合わせなんだ。」ノルウェー人の家庭には必ずあると言われるブラウンチーズ。世界チャンピオンとなり、新しいコーヒーの世界を切り拓いたロバート・トーレセンにとってもブラウンチーズはなお、コーヒーとともにあるソウルフードであるようです。

     

    JAVAで出していたようにドライフルーツを合わせたり、ベリーのジャムをのせて食べてもおいしいブラウンチーズ。ノルウェー人を真似て、ワッフルにのせて食べるのも最高です。そして、ぜひおいしいブラックコーヒーと一緒に楽しんでみてください。ホームパーティで出すと、その珍しい味や食べ方でとても盛り上がりますよ。日本ではアクアビットジャパンの通販で購入可能です。

    ちなみにブラウンチーズを食べる時にかかせないチーズスライサーはノルウェーの発明品。もともと貧しい国だったノルウェーでできるだけ無駄なくチーズを薄く切れるようにと発明されたのだそうです。今ではさまざまなデザインがあり、こちらもノルウェーみやげとして喜ばれる一品です。

     

    新刊『3日でまわる北欧 in オスロ』では、今回ご紹介したバリスタ世界チャンピオン達の店をはじめ、オスロのカフェやおいしいもの、おすすめのおみやげなどを紹介しています。コーヒーに興味がある方、おいしいものが好きな方、北欧の旅を計画中の方、ぜひ手にとってみてくださいね。

  • まるで塩キャラメル!!ノルウェーの「ゴートチーズ スキクイーン」

    チーズ&ワインナビゲーター

    山田好美

    dummy

    ノルウェーから、塩キャラメルのようなゴートチーズ

    珍しいノルウェーのチーズ「ゴートチーズ/スキクイーン(Ski QUEEN)」。
    まるで大きな塩キャラメル!!!のような印象的な形です。

    チーズなのに茶色?と驚かれるかもしれませんが、 
    実はこのチーズ、山羊乳のホエー(乳清)に牛乳やクリーム等を加え、煮詰めて作ったもの。

     

    チーズは通常、原料であるミルクを酵素(レンネット)や酸で固めて、水分(ホエー)を抜いて造られます。
    一般的なチーズ造りでは不要になるホエー、実は 加熱すると固まる性質があります。
    その性質を利用して作られているそう。

     

    味わってみると、ほのかな甘味を感じます。
    この甘味の正体は、牛乳にもともと含まれている「乳糖」という成分。
    でも通常のチーズ造りではホエーの中に溶けて、排出され残りません。
    ミルクは甘味を感じて、チーズは甘くない理由です。
    もちろん、乳糖の甘味は、砂糖の1/5程度ですから
    ゴートチーズの甘さも、ほんのりです。

     

    一般的に、ノルウェーではこのタイプのチーズは「イエトスト」と呼ばれています。
    ノルウェー語で「イエト」は山羊 「オスト」はチーズを意味します。

     

    ほんのり甘くてコクのある味わいのこのチーズ。
    実はコーヒーとの相性が抜群です。

     

    先日「コーヒーとチーズのマリアージュを探る会」を開催。

    マスカルポーネ、モッツアレッラのフレッシュチーズ、クリームたっぷりの白カビチーズ、セミハード、青カビチーズといろいろ試してみました。

    中でも好評だったのが、この「ゴートチーズ」。
    コーヒーの苦みが、ほのかな甘味とマッチングしていました。
    口溶け感も心地良いです。

     

    コーヒータイムに、チーズをお供に!!
    美味しい時間を過してみてください。

商品詳細

  • 賞味期限:
    製造日より180日間
  • 保存方法:
    高温・直射日光を避け常温にて保存して下さい。 開封後は冷蔵庫にて保管をお勧め致します。
  • 内容量:
    約250g
  • 温度帯:
    冷蔵
  • 商品番号:
    C001

アクアビットジャパンのご利用ガイド

お支払い金額について

お支払い金額につきましては以下の通りとなります。

お支払い金額=商品代金(税込)+送料(税込)

※「代金引換便」は手数料(税込)もプラスされます。
※表示金額に消費税が含まれております。

返品について

返品をご希望のお客様は、配達日から5日以内にメールもしくは電話にてご連絡ください。
6日目以降の返品はできません。

【返品対応電話番号】03-3408-4778
【返品電話対応時間】10時~18時(定休日:土曜日、日曜日)
【返品対応メールアドレス】mail@aquavitjapan.com
【返品担当者名】小出整

お支払い方法について

■カード決済

【お取り扱いカード】

VISA / Master / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersをご利用いただけます。

■銀行決済

三菱東京UFJ 銀行 六本木 支店
普通 1319141
名義人名:アクアビットジャパン有限会社
名義人名(カナ):アクアビットジャパンユウゲンガイシャ

※ご注文後、5日以内にお振込ください。
※お振込確認後、発送させて頂きます。
※振り込み手数料は、お客様負担にてお願いします。

■郵便振替

記号:00140
番号:00055097
名義人名:アクアビットジャパン有限会社
名義人名(カナ):アクアビットジャパンユウゲンガイシャ

※ご注文後、5日以内にお振込ください。
※お振込確認後、発送させて頂きます。
※振り込み手数料は、お客様負担にてお願いします。

■代金引換
商品価格合計
代金引換手数料(税込)
0円 ~
350円

営業日注意事項について

■ご注文について
 ご注文は24時間受け付けております。

■メール・電話によるお問い合わせについて
 メール・電話によるお問い合わせは、10時~18時(定休日:土曜日、日曜日)にてお受けしております。
 この時間帯以外でのお問い合わせに関しては、翌営業日の対応とさせて頂きます。予めご了承下さい。

■休日について
 土曜日、日曜日は休日を頂いております。

会社概要

会社名
アクアビットジャパン 有限会社
住所
〒106-0046
東京都 港区 元麻布3-10-22-201
TEL
03-3408-4778
FAX
03-3408-4701

この商品を見た人はこの商品も見ています