sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • 【送料込】満月紅茶01
  • 【送料込】満月紅茶02
  • 【送料込】満月紅茶03
  • 【送料込】満月紅茶04
  • 【送料込】満月紅茶05
  • 【送料込】満月紅茶06

1/

【送料込】満月紅茶

6,646(税込) 66pt

  • 送料無料 送料無料です。

  • カード決済可 クレジットカードでの決済が可能です。

送料・お届け日を確認

数量を選択

シェア

商品説明

年に一度、9月の満月の日に摘み取った「満月紅茶」

愛知県三河地方(岡崎市・旧額田町)で1820年に創業し、代々茶づくりを受け継いできた産地問屋「宮ザキ園」。地元で古くから信仰の対象であった本宮山から湧き出る清らかな水を使い、在来品種「本宮」種の茶を「手を加えず手を抜かない」ように、茶樹の生命力を活かし農薬を使わず栽培しています。毎年の茶葉の収穫は一番茶のみとしており、茶樹を大切に扱い、お茶の味や品質の維持向上に努めています。
宮ザキ園では、初代園主・梅村喜六から伝わり積み重ねてきたお茶づくりの知恵と経験を活かし、一つ一つの工程に時間と手間をかけ、製品に仕上げています。
ここで150年程前に実生栽培を始めた在来品種「本宮」を丁寧に摘み取り、独自の発酵技術で半発酵、さらに二日かけて天日のみで乾燥させた紅茶。その中でも年に一度、9月の満月に摘み取った茶葉を使用したのが「満月紅茶」です。 年に一度しか摘み取らない茶葉で作られた贅沢な満月紅茶は、茶箱をイメージした箱入り。贈り物にもおすすめです。大切な方とのひとときにぜひどうぞ。

「満月紅茶」とは

満月の夜に摘み取った芽茶を発酵させて満月紅茶を作りました。しっかりとした旨みがありながらも、まろやかでほのかな甘さのある発酵茶に仕上がっています。
※写真はイメージです。実際は箱の中に満月紅茶が二袋入っています。

宮ザキ園六代目・梅村篤志さん

「和を感じながら和やかなひとときを過ごしてほしい」という思いでお茶を作る、宮ザキ園六代目の梅村篤志さん。日本の四季や風土を活かして、日本人らしい発酵茶作りを心がけています。

宮崎茶の在来品種「本宮」

宮ザキ園のある愛知県岡崎市の宮崎地区。ここのお茶は、明治から昭和にかけて「宇治茶」「川根茶」と並び三大銘茶の一つ「宮崎茶」として重んじられてきました。本宮山に自生する茶の木から実を採取し、接ぎ木せずに種から育てる「実生」という方法で栽培されたお茶は「本宮」種と呼ばれる在来品種です。

満月紅茶ができるまで

1)萎凋(いちょう):9月の満月の夜、芽茶を手摘みで収穫。むしろに広げて天日で2~3時間ほど干します。
2)揉捻(じゅうねん):工場の揉捻機で1時間ほど揉み、水分を均一にします。
3)半発酵:むしろの上に山積みにし、濡らした麻袋をかけて天日の下で6時間半ほど半発酵させます。
4)仕上げ:発酵後はむしろに広げ、天日で乾燥させたら「満月紅茶」の完成です!

おいしい召し上がり方

満月紅茶の美味しい淹れ方

1)やかんに湯を沸かします。
2)ポットとカップはあらかじめお湯を注いで温めておきます。 3)温めたポットにティースプーン一杯(2~3g)を一人分として、人数分の茶葉を入れます。このとき、細かい茶葉はスプーン中盛り、大きい茶葉はスプーン大盛りぐらいが目安です。
4)沸騰したお湯を人数分(一人分150~160?)注ぎ、すぐにポットに蓋をして蒸らします。このとき、お湯を勢いよく注ぐのがポイント。
5)2分ほど蒸らします。
6)蒸らし終わったら、カップに濃さが均一になるようにサーブします。
満月紅茶ならではのコクのある風味と、後味に感じるほんのりとした甘みをお楽しみください。ストレートが一番ですが、ミルクティーにするのもおすすめです。

商品詳細

  • 賞味期限:
    製造日より365日間
  • 保存方法:
    高温多湿を避け保存してください
  • アレルギー物質:
    アレルゲンなし
  • 内容量:
    満月紅茶 40g×2袋
  • 梱包サイズ:
    9cm x 28cm x 15cm
  • 温度帯:
    常温
  • 商品JANCD:
    0
  • 商品番号:
    sja0000077

店舗名

食伯楽

食伯楽のご利用ガイド

返品について

商品の性質上、お客様都合による返品・交換はできません。
商品の品質には万全を期していますが、万が一商品の間違い、破損等問題がある場合には商品到着後3日以内に、以下の連絡先にメールまたは電話ご連絡ください。確認の上、返品・交換等の対応をさせていただきます。
※期間を過ぎてからの返品・交換はお受けできませんのでご注意下さい。
<連絡先>
電話番号:0120-257-016 <受付時間>10:00~17:00(土日祝日除く)
メールアドレス:gshop-info@gnavi.co.jp (担当)三枝

お支払い方法について

■カード決済

【お取り扱いカード】

VISA / Master / JCB / AMERICAN EXPRESS / Dinersをご利用いただけます。

営業日注意事項について

インターネット上から、365日24時間いつでもご注文いただけます。
営業時間:平日10:00~17:00(土日祝日除く)
※土日祝日にはメールのご返信もお休みをいただいております。

会社概要

会社名
株式会社ぐるなび
住所
〒100-0006
東京都 千代田区有楽町1-2-2
東宝日比谷ビル
TEL
03-3500-9700
FAX
--