sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom
  • 松の花 特別純米 高島 【720ml】01
  • 松の花 特別純米 高島 【720ml】02
  • 松の花 特別純米 高島 【720ml】03
  • 松の花 特別純米 高島 【720ml】04

1/

松の花

松の花 特別純米 高島 【720ml】

1,440(税込) 14pt

  • ギフト対応可 ギフトとして送ることができます。

送料・お届け日を確認
ギフト内容を確認

数量を選択

シェア

商品説明

ここがオススメ

水と緑、人の行きかう町高島市が誕生。
門出にふさわしく丹精込めて仕込んだ純米酒。
一定の温度でじっくりと熟成させ、
純米酒の旨みを引き出しました。

【原料米】滋賀県産 玉栄 精米歩合 60%
【アルコール度数】 15.4度
【日本酒度】+5
【酸度】1.3

飲み方  冷や ~ ぬる燗

  • 琵琶湖畔、清らかな湧き水の里の純米酒 川島酒造の「高島」

    ライフスタイルデザイナー

    長尾典子

    dummy

    風が心地よく感じられる季節を迎え、琵琶湖西岸の湖を臨む針江、新旭町を訪れました。

     

    針江では清らかで豊かな湧き水を大切に、川端(かばた)の暮らしをしています。

    屋外の川端 井戸廻りには野生のクレソンが繁茂している
    家屋内の川端 鯉を飼って水を浄化して川に流す

     

    魚、貝と水草、藻が水を浄化してくれる力を利用して、今も変わらず自然に沿って、生きものと共存しながら水を循環させています。湧き水は生水(しょうず)と呼ばれ、厳しい水質検査にも合格し、飲料にも調理にも使う毎日なのです。先人たちがやってきたように、当たり前の暮らしをしている針江。一度訪れてみてください。

     

    絶えず清らかな水が溢れ出ています。水温は年中12~3度、夏は冷たく、冬は温かい。鯉たちは生活のゴミや野菜くずを食べ、水は浄化されて再び川に戻ります。

    畑で収穫した茄子を冷やして……、

    梅花藻の白い花が咲いていました。

     

    水美しく豊かなこの地域には地酒の蔵も点在していますが、酒造りの時期ではない今、酒蔵を見せて下さったのは、新旭町の川島酒造さんでした。
    1865年創業、現在六代目の社長である川島達郎氏は、初対面の一旅人の私を気持ちよく迎えて下さり、熱く酒造りを語り始めました。

    川島酒造の店 軒に下がった酒林が目印です

     

    高島は古代から酒造りと深い関係がある場所であり、瑞穂の国日本の米と豊かな水で醸す酒造りに携わる使命感に似た思いをそのお話から感じました。

     

    酒は生きもの。子供を育てるのと同じように愛情をかけ、健康にも良い酒を造り続けていくこと、酒を造る側も、味わう側も五感すべてを使って“酒をきく”のだということ等々、社長のお話は尽きず、時間を忘れるものでした。

    整然と並ぶ醸造タンク

    麹室

     

    その後、奥様が丁寧に蔵をご案内下さり、麹室まで見ることができました。蔵には大きな緑色のタンクが整然と並びます。一見機械的な印象ですが、実は一つ一つ個性があり、同じように原料を入れてもそれぞれ彩り違う味わいの酒を醸すというのです。タンクによって得意な醸造があるそうです。

     

    例えば、日が良く当たる、風が良く通るなど、わずかな場所の違いによってなのか、あるいはタンクごとの僅かな誤差が理由かもしれません。

     

    奥さんはタンクを触りながら「この子は……」とお話されるのです。酒造りへの愛情を感じる言葉でした。

     

    もちろん、最終的には均一の味になるようにブレンドしてから瓶詰めします。秋深まるころ、蔵は徹底的に磨き上げられ酒造りの時を迎えるのです。

     

    先代五代目は現在の社長のお母様で、女性社長として真摯に商いに取り組まれた後、七十歳を過ぎてから油絵を描かれていたそうです。風景画、静物画、自画像、それらの作品は蔵のそこここに飾ってありました。杜氏、蔵人をはじめとするすべての従業員と、酒にも先代の見守りの愛とエネルギーを常に与えているようでした。酒にも人にも喜びを運ぶ蔵だと思いました。

    琵琶湖ニゴロブナの鮒ずしと川エビと大豆の佃煮を酒の肴に……、
    錫紙の皿とガラス小鉢に盛り付けて、月見と月光を連想させるコーディネートを楽しむ。

     

    川島酒造社長の情熱に連烈に印象付けられ、今回はこの蔵のたくさんの銘柄の中から、純米酒「高島」をご紹介します。

     

    酒米は地元近江産の玉栄100%、精米歩合は60%。水はもちろん地元の豊かな湧水、比良山系安曇川伏流水です。蔵にはその湧水が絶え間なく湧き上がっています。酒度+5、酸度1,3の純米酒です。

    蔵にある酒造り用の湧き水。カエルの親子の置物が可愛い

    店頭に並ぶ川島酒造の数々の銘柄のお酒たち

     

    人間の暮らしも、酒造りも生命の循環に沿い、あるがままであれば自ら然る(おのずからなる)のだな、と実感した小旅行でした。

     

    近江の豊かな湧き水を使い、地元の酒米を醸した川島酒造の日本酒を是非味わってみて下さい。近江牛や鮒寿司とのハーモニーも絶妙です。

商品詳細

  • 保存方法:
    冷暗所にて保存
  • 加工地:
    滋賀県 
  • 内容量:
    720 ml
  • 容量:
    720ml
  • 日本酒の味わい:
    辛口
  • 温度帯:
    常温
  • 商品番号:
    2

川島酒造株式会社のご利用ガイド

お支払い金額について

お支払い金額につきましては以下の通りとなります。

お支払い金額=商品代金(税込)+送料(税込)

※「代金引換便」は手数料(税込)もプラスされます。
※表示金額に消費税8%が含まれております。

返品について

お酒は生ものです。
当方の梱包の際の手違い以外は、お客様都合での返品には応じられません。
ただし、商品の輸送中の事故などによる商品破損や商品の不備などが生じた場合はこの限りではありません。
ご面倒をおかけしますが、まず弊社に電話でご連絡ください。

【返品対応電話番号】0740-25-2202
【返品電話対応時間】9時~17時
【返品担当者】添田 妙子

お支払い方法について

■銀行決済

滋賀銀行 新旭支店
普通 0532779
【名義人名】川島酒造㈱
【名義人名(カナ)】カワシマシュゾウ(カ

ご注文日より3日以内にお振込ください。
お振込が確認できましたら、発送させて頂きます。

■代金引換
商品価格合計
代金引換手数料(税込)
0円 ~
324円

営業日注意事項について

■ご注文について
 ご注文は24時間受け付けております。

■メール・電話によるお問い合わせについて
 メール・電話によるお問い合わせは、9時~17時の時間にてお受けしております。
 この時間帯以外でのお問い合わせに関しては、翌営業日の対応とさせて頂きます。予めご了承下さい。

会社概要

会社名
川島酒造 株式会社
住所
〒520-1501
滋賀県 高島市 新旭町旭83
TEL
0740-25-2202
FAX
0740-25-5007

この商品を見た人はこの商品も見ています